婚約指輪の素材は十分に吟味しよう!

金属アレルギーは事前にチェック

結婚が決まったら婚約指輪選びです。結婚準備の中でも心の躍る楽しい作業ですよね。つい、デザインやブランドイメージなどで選んでしまいがちですが、肌が弱い方や手を使うお仕事の方は注意が必要なのです。 まず、金属アレルギーがあるかどうかを事前に調べましょう。皮膚科へ行けば簡単に調べられます。パッチテストを行ってすぐに結果が出ます。アレルギーがなければ問題は解決です。好きな素材を選びましょう。アレルギーのある人には安定した素材である純度が高いイエローゴールドやチタンがおすすめです。婚約指輪にはその希少性からプラチナがよく使われていますが、アレルギーを起こしやすいパラジウムを含んだものがほとんどなのです。肌が敏感な方は注意しましょう。

やっぱり強い素材が一番

婚約指輪は仕事をしているときにもつけておきますよね。やはり耐久性は必要です。アレルギーがない方であればプラチナは優秀な素材です。強いですし、変色がしにくい素材です。キズもつきにくいのでパソコンを使ったお仕事でも安心です。お求めになるブランドによっては更に新しい素材を使っているところもあります。職種によっては、お店のスタッフさんとしっかり相談しましょう。 肌の弱い方におすすめのチタンもとても優れた素材なんです。軽くて耐久性があり、熱にも強いのです。やや渋めの色味ですがデザインによっては映えます。また、このチタンに似たものにジルコニウムがあります。チタンよりも色味が白く発色がいいです。日本人の指にも似合います。指輪は女性にとってファッションの一部です。けれどもやっぱり安全性も大切です。充分に吟味して選びましょう。

花束を渡してプロポーズ。よくバラの花が使われますが、近年では「花言葉」で相手の誕生日にちなんだ「誕生花」を選んで送ることも増えているようです。