オリジナリティあふれるデザインにしたいなら

ブランドもいいけれど…やっぱりデザインにこだわりたい!

一生の記念であるマリッジリング。どうせお金をかけるなら既成のブランド品ではなくて自分達のオリジナルデザインにしたい!そういう方も最近は増えてきているようです。では実際にオリジナルデザインのリングを作るには何から始めたらいいのでしょうか?まずはやはりインターネットなどを駆使して自分達の考えているようなデザインに近いものやオーダーメイドリングを制作してくれる店舗など、とにかく情報を収集することから始めてみましょう。 ある程度情報を集めて理想のかたちが見えてきた時点でいよいよデザイン作業です。絵が得意であれば自分達でラフスケッチを描いてみるのもいいだろうし、PC操作ができる人はパソコン上でデザインを練っていくのもいいかもしれません。

加工しやすくリーズナブルなシルバーリングもあり?

デザインが決まったのならいよいよ実制作です。前もって調べておいたオーダーメイドリングを制作してくれる店舗に希望するデザインを伝え、素材・納期・デザインの再現性・価格などを相談しに行きます。 デザインする上で気を付けたいのはマリッジリングの素材の主流である「プラチナ」は非常に高価な物であり、金属疲労が少ない代わりに細かい加工には向いていないということです。あまりにも複雑なデザインだとお店側からNGがでるかもしれません。 最近では自分達のペアリングをプラチナではなく、複雑な加工も比較的に容易な「シルバー」で制作する方もいらっしゃるようです。 時と共に酸化してしまうシルバーですがプラチナに比べて費用も安く、自分達のこだわりを反映しやすいので「オリジナルにとことんこだわりたい!」という方には、シルバーリングの方がマッチするかも知れませんね。

婚約指輪を銀座で選ぶために、高品質な素材を用いたジュエリーを多数取り扱っている店舗でオーダーメードの相談をすることが重要です。